研究実績

大麦若葉エキスに関する過去の研究実績の一覧です。

  1. トップ
  2. 研究実績
  3. 研究実績一覧[1/12]
パロアッスル 脂肪代謝

3T3-L1脂肪細胞を用いたパロアッスルの生活習慣病予防効果に関する研究

日本薬学会 第131年会(2011) マウス前駆脂肪細胞にパロアッスルを作用させ、成熟脂肪細胞への分化誘導能を評価したところ、前駆脂肪細胞から成熟脂肪細胞への分化誘導を濃度依存的に促進した。

大麦若葉 腸内環境改善

Investigation of effects of young barley extract in a human colonic microbiota (大麦若葉エキスがヒト大腸細菌叢に与える効果についての検討)

大麦若葉エキスをIn vitro ヒト大腸細菌叢モデルに投与して、その与える効果について確認を行ったところ、ビフィズス菌と酪酸産生菌の増殖を促進し、酪酸を増加させる作用が示された。

パロアッスル 糖代謝

パラグアイ原産ハーブ,Cyclolepis genistoides D. Don (パロアッスル) の抗糖尿病作用

日本薬理学雑誌 Vol.155, p.202-208 (2020) Cyclolepis genistoides D. Don(一般名パロアッスル;Palo)の抽出物は、南米パラグアイ共和国で糖尿病や腎臓疾患への効果を期…

パロアッスル 筋分化

Ethanol extract of Cyclolepis genistoides D. Don (Pal szul)induces formation of myotubes, which involves differentiation of C2C12 myoblast cells [Cycloleis genistoides D. Don(Pal szul)のエタノール抽出物は、C2C12筋芽細胞の分化に関与する筋管の形成を誘導する]

Nntrition Research Vol. 36, p.731-741(2016) 本研究では、Asteraceae属に属する草本多年生であるCyclolepis genistoides D. Don(俗名:palo…

パロアッスル 糖代謝

Cyclolepis genistoides D. Don (palo azul)promoted glucose uptake via AMPK pathway[南米原産ハーブCyclolepis genistoides D. Don (パロアッスル)は糖取り込みを促進する]

第89回 日本薬理学会(2016) マウス細胞にパロアッスルを作用させたところ、GLUT4が細胞質から細胞膜に移動した。パロアッスルは2-DG取り込みを有意に増加させたが、インスリンシグナル系には作用せず、AMPKを活性…

大麦若葉 自律神経作用

Individual Response of the Autonomic Nervous System to the Green Odor of Young Barley Grass Extract(大麦若葉エキスの緑の香りに対する自律神経系の個人応答)

大麦若葉エキスの香りに暴露された被験者は交感神経系機能の抑制が確認されていたが、今回被験者毎の反応強度等の違いについて解析を行った。その結果、自律神経反応は被験者間で3タイプが確認。被験者の記憶や経験が匂い知覚に影響し反…

パロアッスル 脂肪代謝

肥満誘導マウスにおけるパロアッスル(Cyclolepis genistoides Don)摂取による脂質代謝への影響

第36回 日本肥満学会(2015) マウスに高脂肪食とパロアッスルを14週間投与したところ、血糖や脂肪重量が減少する傾向がみられた。特に皮下脂肪は対象に比べ33.3%減少した。パロアッスルはPPARγアゴニスト様作用を持…

パロアッスル 脂肪代謝

南米原産ハーブCyclolepis genistoides D. Don(パロアッスル)は脂肪細胞におけるUCP1機能を高める

第88回日本薬理学会年会(2015) マウス前駆脂肪細胞にパロアッスルを作用させたところ、UCP1 mRNAの発現2倍に上昇させた。UCP1は熱産生を行う褐色脂肪組織にのみ発現しているので、UCP1を誘導できるパロアッス…

大麦若葉 自律神経作用

Effects of the smell of young barley grass on autonomic nervous system(大麦若葉エキスの香りが自律神経系に及ぼす影響)

大麦若葉エキスの緑のにおいを暴露したときの自律神経系の機能に及ぼす影響について調べた結果、その反応の程度やパターンは被験者ごとに変動がみられるものの、副交感神経活動が亢進されていることが確認された。

大麦若葉 抗ストレス作用

大麦若葉エキスのマウス海馬BDNF mRNA発現量に与える影響と抗ストレス作用

大麦若葉エキスの経口投与により、マウスの自発運動量及び海馬BDNF mRNA 量の減少が改善したことから、大麦若葉エキスは何らかの経路で脳に作用し抗ストレス作用を示す可能性が示唆された。

1212