こだわりの青汁:実績

大麦若葉青汁の歴史を築いてきたパイオニアならではの実績と展開

  • パイオニア
  • 研究発表
  • 海外展開

世界で初めて大麦若葉青汁を商品化したパイオニア

Green Foods Corporation(アメリカ)外観

大麦若葉青汁を製品化し世界へ

青汁が日本のみならず、アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど世界の人々に 注目される健康食品となったのは、萩原義秀医学博士の創造的な発明が発端でした。

医薬品や漢方薬の研究開発を経て、萩原博士が大きな目標として着目したのは、"理想の青汁"。150種類以上の野菜や野草から、酵素やフラボノイド、クロロフィルなど類いまれな栄養素を持つ「大麦若葉」を青汁の素材として選び抜きました。その有用成分を効果的に作用させるため、「酵素が生きている」ことを絶対条件として研究を重ね、酵素を失活させず粉末にする製法を発明。世界で初めて大麦若葉青汁の商品化を成功させました。

私たちの青汁は、世界50ヵ国以上で愛飲されています。

「健康を守り、健康を維持するものは食である」という予防医学の観点から、萩原義秀医学博士が開発した大麦若葉青汁は、国内はもちろん、海外においても本物志向のお客様からグローバルな健康食品として支持されています。今ではアメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に世界50ヵ国以上で愛飲され、広く世界中で認められています。

▲ページトップへ